您当前所在位置: 首页>外事新闻
蘇州市感染予防・抑制に関する通達2021年第7号
来源: 苏州市人民政府外事办公室  发布日期: 2021-08-21 19:32   访问量:

感染予防・抑制対策と経済社会の発展を統合して推進し、ピンポイントで常態化した感染防止対策を実施するため、現在の感染予防・抑制措置を以下のように通達する。

一、市民の皆様は積極的に個人の感染予防策を行い、マスクの着用、手洗いの徹底、頻繁な換気、「1メートル線」、取り箸や取りスプーンの使用、咳エチケットなどの良好な衛生習慣を身に付け、自主的に密集する場所へ行かないようにしてください。

二、各類の企業、事業体(公共サービス機関及びお客向けの経営場所を含む)が自主的に感染防止の主要責任を果たすべきであり、通常運営期間中、国務院新型コロナウイルス感染症合同予防・抑制メカニズム総合グループにより発行された「重点場所重点機関重点人員向けの新型コロナウイルス感染症の常態化した予防・抑制対策に関するガイドライン(2021年8月版)」に基づいて、感染防止措置を確実に実施する。重点場所、重点機関(企業)および重点人員に関して、「人、モノおよび環境の共同予防」と「クローズドループ管理」の原則を堅持すべきであり、感染リスクの高い第一線の従業員は、マスクの着用、ワクチンの接種、日常の消毒などの防護措置を厳格に実施し、健康観測、PCR検査及び緊急対応処理などの防護対策を強化すべきである。

三、規定に従って人が集まるイベントを開催する。「開催者が責任を負う」と「組織者が責任を負う」の原則に従って感染防止策を徹底し、活動の規模を合理的にコントロールし、活動中に安全なディステンスを保ち、一時に大人数の移動を秩序よくコントロールし、人員の密集を効果的に減らす。

四、市民の皆様は中・高リスク地域の情報に常に注意を払い、スケジュールを合理的に手配し、中・高リスク地域へ行かないでください。

五、過去14日間に、中・高リスク地域で旅行歴(トランジットステイを含む)を持つ人員、および中・高リスク地域が所属する都市(直轄市の場合は所属する区)から蘇州に来た(戻った)全ての人員は、直ちに自主的に所属するコミュニティ(村)と勤務先に報告し、情報登録や関連する医学管理対策の実施に積極的に協力してください。

六、市民の皆様は自身の健康管理をしっかり行い、発熱、空咳、咽喉痛、鼻詰まり、鼻水、結膜炎、筋肉痛、味覚(嗅覚)障害、下痢などの症状が出た場合、個人の予防措置を取った上で、最寄りの発熱外来を受診してください。受診に行く途中、マスクを着用し、公共交通機関の利用を控えてください。

各地域、各部門は所属地、部門、勤務先、個人の「四方の責任」を明確化し、確実に果たし、共に全市の感染予防・抑制の安全網を構築する。


蘇州市新型コロナウイルスによる肺炎感染の予防・抑制指揮部

2021年8月21日

相关稿件